Wine on Mac

Wineという,WindowsのソフトをMacやLinuxなどでそのまま動かしてくれるソフトがあります.このWineを一から導入するのは手間なので,簡単に使えるようにしたパッケージがいくつかあります.
今回は,これらを紹介します.

そのまえに…Wineを使う流れは?

おおまかに言うと,
  1. 使いたいソフトのインストーラーを起動する
  2. ボトルを作る画面がでてくる
  3. インストールを完了させる
  4. ボトルが出来上がる
  5. ボトルを起動.ソフトを使う.
こんな感じ.
ボトルは,簡単にいえば仮想の環境です. ソフトウェアのインストーラーは,設定ファイルやライブラリを様々なフォルダに撒き散らすので,一つ一つのソフトウェアごとに,環境を分けます[^1].
ボトルなんて洒落た名前ですね.
[^1]: ボトルを作らずに使うこともできますが省略.

WineBottler

無料・オープンソース. アイコンがお洒落なWineパッケージです.
使うには,公式サイトからWineBottlerCombo_x.x.x.dmgをダウンロードし,Wine.appWineBottler.appをインストールします.
まず,Wine.appを起動してください.

MikuInstaller

無料・オープンソース. ミクインストーラーという名前ですが,ミク以外にも使えます.
使うには,公式サイトからMikuInstaller-xxxxxx.dmgをダウンロードし,MikuInstaler.appをインストールします.
まず,MikuInstaller.appを起動してください.
※プレフィックスdefaultはしばらくかかる

CrossOver

商用.Wineの開発元が販売しています.