投稿

6月, 2014の投稿を表示しています

Wiki / VPN

Wiki wikiのテーマ wikiのテーマを書き換えた。 見た目はほとんど変化がないが、内部的に、いくつかのUIエレメントについて、
footerで出力していたものをheaderに出力するように書き換えた。
こうすることで、ずっとコードの見通しが良くなった。 他にも、いくらかの不要な記述の削除などを行った。 wikiのバグ まさかのバグ踏み。 RSSの出力が壊れていたようで、なにかと思ったら http://moinmo.in/MoinMoinBugs/rss_rc_Python_2.7.5_compatibility http://hg.moinmo.in/moin/1.9/rev/aee4ff651134 こういうことらしい。 なので、指示に従ってマニュアル修正した。 MoinMoin 2.0では全体的に大きくコードが書き直されているとのことで、楽しみだ。 とはいえ、RSSの出力もあくまでWikiのそれだから、ブログについてはもっと考える必要があると思う。
さて。 VPN VPN 研究室でVPNを構築した。 目的は2つある。 一つ目は、(研究室)外部から内部のリソースや、内部からならアクセスできるリソース(大学が定額で契約している論文など)へアクセスさせること。2つ目は、(研究室)内部から外部のリソースを使うこと。具体的には、リモートの研究設備にあるファイルサーバを、ローカルで見られるようにすること。 今まではracoon や openvpn, pptpと格闘するところだったが、softetherが設定が楽なだけではなく、
実装も高速らしいという話を聞いて(失念。といってもsoftetherの公式発表だった気がするから、鵜呑みにはできない。)、
実際に自宅でも導入し、思ったより手軽かつそこそこ高速なので、softetherを導入することにした。 VPNサーバ自体は、上目的外にも利用が拡大されることが考えられたので、L2, L3の両方の接続を受け付けるようにセットアップした。 とはいえ、はじめはL2は重いのではないのかと疑っていて、どちらの目的に対してもL3のVPNを利用をしていたのだけれど、
自動発見系の機能が動作しないことが不便だった(たとえば、Windowsでファイルサーバが自動発見されない(nmbの広報)、Macで同様(Multicast DNS))。 結局不便さにしび…

TSUBAME

TSUBAME で科学計算向けの python 環境を構築するプラクティスをまとめてみました. どこにインストールするか 人や文化圏によってさまざまなディレクトリ名が用いられていますが, ~/.local が良いでしょう.Pythonはデフォルトでこちらを用いるほか,Ubuntu向けのグラフィカルなソフトウェアがこちらを用いることもあり,新しい標準になっているようです. ネットワーク TSUBAMEのノード群からは外部の通信が禁止されていますが, Python ./configure --prefix=~/.local --enable-shared 性能の問題あり.PICだから遅い. --enable-thred はデフォルトで入ってるようだから入れなくてもいい make -j48 50秒ほどでコンパイルがおわりる ライブラリ python はインストールしたpythonにPATHが通ってると仮定 まずはsetuptools, pipをいれる. https://pypi.python.org/pypi/setuptools/1.1.6 tarball を展開したあと, python setup.py install --user --user で~/.local にインストールされます. そのあと easy_install pip pip 経由でインストールするとパッケージとして管理されるので良い. Python ライブラリなど Numpy, Scipy TSUBAMEにはIntel MKL(数値演算ライブラリ)が入っているので,これを使いましょう.これがあるとないで,性能が圧倒的に違います. 例えばscikit-learnなんかはテストが自動並列化される. wget, cd cd numpy-1.7.1 ここで cp site.cfg.example site.cfg 最終行に追加 [mkl] library_dirs = /usr/apps/isv/intel/2013.0.079/composer_xe_2013.0.079/mkl/lib/intel64 include_dirs = /usr/apps/isv/intel/2013.0.079/composer_xe_2013.0.079/mkl/include mkl_libs = mkl_rt lapack_l…