ESXi

記事が消えた
書きかけの記事が飛んだのであまりやる気が無い。
以下は、新たに復旧させた内容。

ESXi

自分用の計算・実験・データサーバを、仮想環境に移行することにした。
仮想環境には、
  • Type-1: マシン上で直接仮想化ソフトウェアを動かすやつ
  • Type-2: マシン上でふつうのOS(Linux, Mac, Windows…)を動かし、その上で仮想化ソフトウェアを動かすやつ
の2種類がある。
Type-1については、bare-metal virtualizationとか呼ばれてる。
今回導入したのは、Type-1 に該当する、VMware ESXi。
以下、メモ。
  • やっぱりユーザランドで動作するVirtualBoxよりずっと快適。
  • 準仮想化対応。ディスク/NICまわりのioが快適な気がする。
  • デバイスのホストパススルーは、CPUとマザーボードがVT-dに対応していなければならない。
    • とても期待していたのだけれど、古いマザーボードなうえAMDだったのでパス。
      そろそろ長いこと使ってるし買い替えかな………

ハードディスクのコピー

サーバの以降に関連し、ハードディスクのコピー作業が発生したのでメモ。
ふつう、LinuxやMacなどでディスク(まるごと)をコピーするとしたらddコマンドを使うものだけれど、
  • 再開ができない
  • 進行状況が出ない
と不便。(本当、どちらもできるのだけれど、一手間要るので、めんどう。もっと簡単にやりたい。)
探したところ、
というコマンドが便利だった。
  • 進行状況が出る
  • 再開ができる
  • 未確認だが、コピーするサイズ単位(ブロックサイズ)を適当に調節してくれるらしく、速い?
コピー時は、入力、出力、ログファイルを指定する。
sudo ddrescue /dev/sdb1 sdb1.img sdb1.log
進行状況は、こんな感じで出る。
GNU ddrescue 1.17
Press Ctrl-C to interrupt
Initial status (read from logfile)
rescued:   330498 kB,  errsize:       0 B,  errors:       0
Current status
rescued:   127153 MB,  errsize:       0 B,  current rate:   45350 kB/s
   ipos:   127153 MB,   errors:       0,    average rate:   36411 kB/s
   opos:   127153 MB,    time since last successful read:       0 s
中断はCtrl-C。再開するときに-C オプションをつけると、ログファイルをもとに、途中から再開してくれる。
sudo ddrescue -C /dev/sdb1 sdb1.img sdb1.log
ほか、参考になりそうなもの。

おまけ