投稿

2015の投稿を表示しています

VirtualBox上のWindows8をWindows10にアップグレードする

Windows 10 へのアップデートを行うには、ステータスバーに出てきたWindowsアップデートアイコンをクリックすれば良い。 しかし、Virtual Box上のWindows8.1の場合、Virtual Boxの仮想ビデオドライバ (Virtual Box graphics adapter for windows 8)がWindows10と互換性がない旨のメッセージが出て、アップデート出来ない。 回避方法だが、 virtualbox.org • View topic - Cannot force update to Windows 10 from Windows 7 Pro (Guest) ここにあるように、 Microsoft公式ページから  Windows 10 ISO  をダウンロードする。 エディションは、Windows 10 の 64bit にした。 Virtual Boxの仮想マシンの設定を変更。 一般→基本→タイプを Windows 10にする。 システム→マザーボード→起動順序、ハードディスクを1番目に変更。 Windowsを起動する。 起動中にISOをマウントし、Windows内からアップデートをかける。 で、できた。 ちなみに、クリーンインストールに近いことをしたければ、アプリも個人ファイルも引き継がねば良い。 (なお、インストール後にPCの初期化を行うと、うまく行かなかったので、インストール前にスナップショットをとっておくと良いかもしれない。)

Selenium + PhantomJS を使う

ウェブインタフェイスの動作試験など、ある種の用途には、 単に  Requests  のようなHTTPで通信をしてダウンロードするだけのライブラリではなく、 画面も描写し、Java Scriptも実行できる、そういう「本物のブラウザ」をまるごと外から制御できる仕組みが必要となる。 Selenium  は、要するにそういう『スクリプトからまるごと自動制御できるブラウザ』を実現するためにライブラリとなる。 具体的には、以下のようなことが出来る。 指定したURLを開く フォームに記入をする(キーストロークを送る) ボタンなどをクリックする 要素のテキストを取得する 外からJava Scriptを挿入して実行させる スクリーンショットをとる クッキーを取得する・挿入する Seleniumから制御できるブラウザは、Google Chrome, Firefox, Opera, Internet Explorer といったメジャーなブラウザもあるが、 こういったブラウザを用いる場合、Selenium実行中に裏でブラウザの画面も開くため、重かったり、取り回しが面倒だったりする。 こういうために出てきたのが、PhantomJS となる。 PhantomJS は、要するに「画面なしのSafari」みたいなもので、Selenium からとても取り扱いやすい。 install 以下は、Mac + Python 向けにインストールする手順となる。 pip install selenium brew install phantomjs pip install phantomjs 試してみる import selenium import selenium.webdriver import os driver = selenium.webdriver.PhantomJS() driver.set_window_size(1440, 800) # 画面のサイズを指定する。横幅がスクリーンショットに関係する。 driver.get("http://www.google.co.jp/") # Google を開く driver.save_screenshot(os.path.expanduser("

Devel::IPerl のインストール

Devel::IPerl のインストール sudo apt-get install libfile-sharedir\* sudo apt-get install libmoosex\* sudo apt-get install libmoox\* sudo apt-get install libmoo-perl sudo apt-get install libio-capture-perl sudo apt-get install libnamespace\* sudo apt-get install libjson-perl libjson-rpc-perl libjson-types-perl libjson-xs-perl sudo apt-get install libdevel-repl-perl libreply-perl sudo apt-get install libmodule-build-\* sudo apt-get install libio-async-\* sudo apt-get install libuuid-perl libuuid-tiny-perl ここまでで力尽きた。結局インストールできてない。 ref. http://stackoverflow.com/questions/7339359/building-perl-module-gives-metafile-error

IPython Notebook の設定を更新した

表題どおり。 IPython 3になってから、ウェブインタフェイス部分がコードの実行部分(kernel)と切り離され、 それに従って設定もipython_notebook_config.pyからipython_kernel_config.pyに切り離された。 自分に関わった大きな変更は以下。 Pylabの自動読み込みがもはやあまり推奨されないとのことで、切った。(これはIPython2の時代からはっきりしていたこと。) pylab関係の設定がipython_kernel_configにうつったので、移動した。 ipynb_checkpointの設定が消えた。なぜ?

Linux上にできたUTF-8-MACなファイルをUTF-8に戻す

convmv -r -f UTF-8 -t UTF-8 --nfc --preserve-mtimes --notest .

Jupyter (IPython Notebook) まわり

もともとPythonの高機能シェルとして開発されたIPython、そのウェブ版シェルとして開発されたIPython Notebookだが、 ここにきて中核の入力を受け取り処理し結果を返すカーネル部分について、Python以外も使えるようにしようという動きがでてきた。 そこで、カーネル以外の部分を取り出してできたのがJupyterだそうだ。 これは良い機会だと、MacにPython以外のkernelのインストールを試みたので、以下に掲載する。 メモ kernelは、 ~/.ipython/kernels  に追加される。 ただし、各々の言語のkernelについて、いつ、どのような段階でkernelのリストに追加されるかの詳細は未調査。 いずれにせよ、各々のkernelは各々の起動コマンドを持てど、 最終的に ~/.ipython/kernels にさえ追加されれば、 ipython notebook  で実行されたときのカーネルリストにもきちんと追加される。 Haskell https://github.com/gibiansky/IHaskell/blob/master/README.md  にある手順でいける。 git clone http://www.github.com/gibiansky/IHaskell cd IHaskell ./macos-install.sh 何をされるか把握したい場合は(というかそう思えないとかなり"ヤバい"と思うが)、シェルスクリプトを読むと良い。 コマンドラインツール、GHC、Homebrewのインストールを確認した後、cabalやbrewでいくつか必要なものをインストールした後buildするようだ。 (もちろん、あらかじめ  https://www.haskell.org/downloads/osx  のインストールは必要となる) IRuby https://github.com/SciRuby/iruby brew install ruby gem install iruby IRkernel https://github.com/IRkernel/IRkernel brew install R