Jupyter (IPython Notebook) まわり

もともとPythonの高機能シェルとして開発されたIPython、そのウェブ版シェルとして開発されたIPython Notebookだが、 ここにきて中核の入力を受け取り処理し結果を返すカーネル部分について、Python以外も使えるようにしようという動きがでてきた。
そこで、カーネル以外の部分を取り出してできたのがJupyterだそうだ。
これは良い機会だと、MacにPython以外のkernelのインストールを試みたので、以下に掲載する。

メモ

kernelは、~/.ipython/kernels に追加される。
ただし、各々の言語のkernelについて、いつ、どのような段階でkernelのリストに追加されるかの詳細は未調査。
いずれにせよ、各々のkernelは各々の起動コマンドを持てど、
最終的に~/.ipython/kernelsにさえ追加されれば、
ipython notebook で実行されたときのカーネルリストにもきちんと追加される。

Haskell

git clone http://www.github.com/gibiansky/IHaskell
cd IHaskell
./macos-install.sh
何をされるか把握したい場合は(というかそう思えないとかなり"ヤバい"と思うが)、シェルスクリプトを読むと良い。 コマンドラインツール、GHC、Homebrewのインストールを確認した後、cabalやbrewでいくつか必要なものをインストールした後buildするようだ。
(もちろん、あらかじめ https://www.haskell.org/downloads/osx のインストールは必要となる)

IRuby

brew install ruby
gem install iruby

IRkernel

brew install R
ののち、Rを起動し、
install.packages(c('rzmq','repr','IRkernel','IRdisplay'),
                 repos = c('http://irkernel.github.io/', getOption('repos')))
IRkernel::installspec()

JavaScript (Node)

npm install -g ijavascript
これもらくちん。

Go

ここからがめんどくさかった。というかみんなReadmeに書かなすぎ。
先立って、goをインストールし、GOPATHを好きなディレクトリ(僕はpythonにならい/usr/local/lib/goにした)に設定する。
brew install go
export GOPATH=/usr/local/lib/go
まず https://github.com/alecthomas/gozmq Gozmqをインストールする。
go get -tags zmq_4_x github.com/alecthomas/gozmq
go install github.com/alecthomas/gozmq
続いて、https://github.com/takluyver/igo igo をインストールする。
go install github.com/takluyver/igo
さいごに、kernelをインストールする。
mkdir -p ~/.ipython/kernels/igo
cp -r $GOPATH/src/github.com/takluyver/igo/kernel/* ~/.ipython/kernels/igo
vi ~/.ipython/kernels/igo
#=> $GOPATH の欄を編集する
ここまでインストールして動かして分かったが、importすら対応していないぽい?クソなのでuninstallした。