VirtualBox上のWindows8をWindows10にアップグレードする

Windows 10 へのアップデートを行うには、ステータスバーに出てきたWindowsアップデートアイコンをクリックすれば良い。 しかし、VirtualBox上のWindows8.1の場合、VirtualBoxの仮想ビデオドライバ (VirtualBox graphics adapter for windows 8)がWindows10と互換性がない旨のメッセージが出て、アップデート出来ない。
回避方法だが、
ここにあるように、
  1. Microsoft公式ページから Windows 10 ISO をダウンロードする。
    • エディションは、Windows 10 の 64bit にした。
  2. VirtualBoxの仮想マシンの設定を変更。
    • 一般→基本→タイプを Windows 10にする。
    • システム→マザーボード→起動順序、ハードディスクを1番目に変更。
  3. Windowsを起動する。
  4. 起動中にISOをマウントし、Windows内からアップデートをかける。
で、できた。
ちなみに、クリーンインストールに近いことをしたければ、アプリも個人ファイルも引き継がねば良い。 (なお、インストール後にPCの初期化を行うと、うまく行かなかったので、インストール前にスナップショットをとっておくと良いかもしれない。)