投稿

2016の投稿を表示しています

フォントメモ

Adobe Source Hans SansGoogle Noto FontsIPA FontsMPLUS Fonts

Jupyter Notebook Launcher のリリース

https://github.com/takumaw/jupyter-notebook-launcher Jupyter Notebook がまだ IPython Notebook と呼ばれていた頃つくった IPython Notebook Launcher だが、
Python ツールなのに Objective-C 書かれていること、なにより IPython という名前とロゴのままであることが気になり、アップデートしたいと思っていたので、ざっと作り上げてアップロードした。(先週、9/20の話。)

学生時代にコードを書くようになってから久しいが、GUIツールは太古の昔に Flash (現Animate)で作ったこと、およびウェブシステムのインタフェースを組んだことがあっても、スタンドアロンアプリで作ったことはなかったので、
出すならペストプラクティスを一通り流し読みし、クソとしか言いようのない構成を抜けてからにしよう、という気持ちがあった。
が、結局出さずじまいのまま1年以上塩漬けにしていたなと気づいたので、まずは出してみよう、という気分になった。

他人を開発に巻き込んだソフトウェアでもないのだ、だめならいくらでもリファクタリングすれば良い。

フィードのエコシステム変遷から振り返る過去。

私はフィードリーダーを愛用している。

今やRSS/Atomフィードを消化する人間もすっかり減ってしまったのではないのか、という危惧を長らく持っていて、それを裏付けるかのように、新しいサイトでは、フィードを吐かないといったケースを見かけることも徐々に増えてきた。

以前の私であれば、ロジャースの普及曲線の話(Innovatorからはじまり, Early adopter, Early majority, Late majority, Laggardsに向けて普及していく、その普及曲線と彼らの分布の理論)や、そもそも好きものから自然と広まるのが良いことだ、そしてそれらが入れ替わるときは、入れ替わるべきときなのだ、と言っていそうではある。

がしかし、フィード購読のエコシステムの代わりに出てきたものといえば、ニュースキュレーションシステムやソーシャル・ネットワークにニュースを重畳させるようなものばかりで、彼らがフィード購読システムの代わりかというと、だいぶ異なると思う。

もちろん、彼らが時代にマッチしているというのはわかる。
フィードリーダーでは、ふつう、フィードリーダーソフトウェアを用意して、それに購読したいサイトを登録する。フィードリーダーソフトウェアは、Feeldyのようなオンラインサービスでも良いし、スタンドアロンソフトウェア−MacならReeder 3や、昔ながらのMail.appなど−でもよい。 そして、これらに自分の好きなサイトを登録すれば良い。といっても、更新された記事を読むためのツールなので、登録するのはポートフォリオなどではなく、おおかたニュースやブログとなる。

たったこれだけ。
たったこれだけなのだが…結局のところ、後者が難しいのだろう、ということを強く感じている。

これって、Twitterのフォローと一緒だ。アカウントをつくり、人をフォローする。たったそれだけの何が難しいと言われてしまうかもしれないが、誰をフォローすべきかなんてわかるだろうか?と思う。

昔、オンラインでよく知り合いが集う場所があった。そのときの知り合いをあしがかりに、初めのTwitterの知人グループを形成したのが高校生時代の初頭。

大学生になると、その知り合い経由でオフラインイベントに参加するようになり、そこからソーシャルグラフが拡大していき、他方では学科、そしてなにより技術サーク…

PyCon 2016 参加ノート (カンファレンス2日目)

先日に引き続き、2日目の聴講ノートです。 f2pyとmatplotlibを用いたブラウン粒子動力学のリアルタイム可視化 - 話者について - 理論物理で博士をとった - ベンゼンの分子の構造計算など - Pythonとの出会い - Software Designで1997年に出会う - An examples of embedding python - OCTA: an integrated sim system for soft materials - COGNAC, PASTA, SUSHIm MUFFIN, GOURMET - 物理仮想実験室 - 土井正男先生による - ToC - ブラウン運動 - f2py - matplotlib - 同じことをするのに行くと幾通りのやり方がありいまいち。 - tutorealsはあるが、basic notationsが限定的!! - Qt Designer + PyQt + matplotlib - ブラウン運動の前に… - PM2.5とは? - 10^-6〜10^-5cmの - def. ug/m^2 - PM2.5は気体分子間にすっぽり収まらない(小さい)ため、ブラウン運動をする - 微分できない動きをする… 粒子が小さいことがessential - Diffusion of small particles - Dislin? - Max Planck研究所の開発したライブラリ - Fortranとリンクできる希少な描画ライブラリ - マルチプロットでのいい感じなレイアウトや、インタラクティブプロットは厳しい - Fortranの現状 - 動的メモリアロケーションが可能に - モジュール - 数値計算のrecommendationができた - G95はメンテされてないんでgfortranをつかおう(or Intel, CUDA, ...) - f2pyとは - Numpyの一部 - 今もメ…

PyCon 2016 参加ノート (カンファレンス1日目)

PyCon JP 2016 in Tokyoに聴講者として参加したので、以下に聴講ノートを記します。
PyCon JP 2016 in Tokyo についてPyConはPythonコミュニティのためのカンファレンスです。米国PyConや欧州のEuroPython、および科学系のEuroSciPyなどが知られているほか、各国でも各地域のカンファレンスが開催されています。 そのなかでもPyCon JPは、日本のコミュニティである一般社団法人 PyCon JPにより日本で開催されているカンファレンスです。 PyCon JP 2016 in Tokyoは、チュートリアル1日・カンファレンス(本会議)2日・スプリント2日からなり(スケジュール)、
このうち本会議2日間に参加したので、以下はそのトークの聴講ノートとなります。 キーノート (Jessica McKellar) - Breaking rulesについての話 - USより。 - Python Software Foundation の former director - Python communityを大きくするのに尽力してきた - Ksplice, ZというDjangoベースのリアルタイムコラボレーションソフトウェア, Dropbox - "It was not about Python , but systems." - "programming changes the way you think and debug, interact the world. - みなさんは、ソフトを、ライブラリをつくり、言語を変えていき、…エコシステムに影響を与えていく。 - キーワード: Tenets of free software - c.f. GNUの自由ソフトウェアとは、などを参照 - Everything important is a system - important: worth fighting for - System: Software (of course), hardware, and also people system (society system)... - → this is why i …

自宅サーバ

書かないと三日坊主になるので書く。 自宅サーバを再インストールした。乗っているゲストマシンは放置。隔離環境なども未整備。 仮想基盤とゲスト環境を完全に分けたうえで、基盤には今風のOpenStackなどを導入しようかとも考えたが、結局パーソナルユースにはシンプルにlibvirtを使うだけの薄いミドルレイヤの方が、インストール・メンテが楽に思えたので、現状維持とした。 zshを廃し、各種rcファイルも置かず、なるべくプレーンな環境のまま使うように変更。(古典的なインフラ屋さんっぽい発想なのかもしれない)

ブログフィードを出力するようにした

サイト改装の一環として、ブログフィードも出力するようにした。

以前作成していたものでも出力していたが、そちらはMoinMoinのmacroとして指定されたファイルに吐き出すような形で実装していたので、actionとして一から作成しなおした。
公開は後で考える。

初投稿

サイトを作りなおした。 ToDos各種コンテンツを執筆するHomeDocsCodesBlog各種プロフィールにリンクするhttps://plus.google.com/113669406918659099344 https://speakerdeck.com/takumaw https://github.com/takumaw 各種コードを追加するhttps://chrome.google.com/webstore/detail/bookmarks-extension-for-g/ngncegjbgnfpifehgmcjgniphmcjjipc ほか

英語

昔から英語は割と好きだった。それは、 いろんな情報を与えてくれる(技術情報とか)しかし、もっと大きいのは、思考を拡張してくれる。 もののとらえかた、あつかいかた、について、全く別の体系が与えられる。
思考をNative Languageから切り離すことで、ダブルチェックできるというメリットがある。
でも、そんなおおげさな話をしなくても、生きた言葉としても面白さがある。

以下に、私にとって、学習対象としても英語の好きなところをいくつか掲げたいと思う。

韻の感覚 日本語では、韻を踏むというのは、いかにも詩をよむぞみたいな、仰々しい感じがする。 あるいは、いわば「オヤジギャグ」みたいなものでしかやらない。 他方、英語圏では、韻を踏むというか、音に注意するのはもっとポピュラーという印象。
たとえば、英国政府の造語である「NEET」は、いい感じの"neat"と同じ。刺すようなジョーク。 他の例だと、『V for vendetta』という、16世紀の英国の反乱者ガイ・フォークスをとりあつかった映画がある。
(ガイフォークスというと、ハッカー集団のアノニマスのお面の人、1600年代にイングランドで国会爆破を企てた人。) この映画中では、"violently vicious and voracious violation of volition"という、すごく印象的なシーンがある。
7ワードだけ抜き出したが、原文は100以上のワードにわたってVで韻が踏んである。

流行り廃りがある 英語もまた日本語と同じ人の言葉なので、言葉の変遷、流行り廃りがある。 たとば、僕らはto doの否定形をnot to doと習った。

例: He decided not to drink beer.
しかし、今はto not doという表現がメジャーになりつつある。

もっとも、これを許容すると、例えばシェイクスピアのハムレットのセリフ "To be or not to be, that is the question." が "to not be" となりダサいので個人的にはとてもイマイチ。

他にも、例えば定冠詞/不定冠詞だと、ぼくら日本人が学ぶ時に首を傾げる The refrigeratorHer microwave なんか…

技術メモ

技術メモ

Thinclientに以下のOSも検討するhttps://www.wikivs.com/wiki/Lubuntu_vs_Xubuntu http://lubuntu.net/ http://xubuntu.org/ https://elementary.io/ja/ Gravatarのアイコンを再検討するどのアドレスで登録するか?何のアイコンで登録するか?Seagateのハードディスクが故障したっぽいので交換するCentOS仮想マシンのVirtFSを有効にする(kmodとかないのか?)http://www.linux-kvm.org/page/9p_virtio Mac(家ならalpha向け、会社ならtakumaw-pc向け)にautofsをいれて試してみてもいいかもhttp://sanrinsha.lolipop.jp/blog/2014/02/mac_autofs.html alphaでNFS(+krb5p)を有効にして試してみるhttp://landley.net/kdocs/ols/2010/ols2010-pages-109-120.pdf Sambaについてhttp://www.cyberciti.biz/faq/how-do-i-find-the-current-connections-to-a-samba-server/ (Macがどのバージョンで接続してるかを確認したい)RHELの管理者ガイドhttps://access.redhat.com/documentation/ja-JP/Red_Hat_Enterprise_Linux/7/html/System_Administrators_Guide/ https://access.redhat.com/documentation/ja-JP/Red_Hat_Enterprise_Linux/7/pdf/System_Administrators_Guide/Red_Hat_Enterprise_Linux-7-System_Administrators_Guide-ja-JP.pdf

技術メモ

zfsのディレクトリにnoaclを付けた方が良いかもしれないsambaのmodeをすべて0664, 0775にする (0644じゃだめなのか、何故かを再確認する)http://serverfault.com/questions/611142/how-to-disable-acls-on-zfs-in-freenas CygwinのACL運用を気をつけるhttp://www.glamenv-septzen.net/view/1106 http://gifnksm.hatenablog.jp/entry/20100119/1263922009 CygwinのパッケージのCLIからの簡易なアップデート方法について検討するSysadmin III, SELinuxについて次回受講するCentOSの上でoVirtやFreeIPAを試してみては?https://www.freeipa.org/page/Downloads http://qiita.com/ine1127/items/1bc2f2ff12f38e19ba9a http://www.ovirt.org/develop/developer-guide/ubuntu/ Cent上にJupyterHub環境を用意する 別途そういう仮想マシンを建てた方が良いかも仮想マシンテンプレートを作っておくか?SPICE Macをつかうhttp://www.spice-space.org/page/OSX_Client http://www.ovirt.org/documentation/admin-guide/virt/spice-remote-viewer-on-os-x/ 各ディストリビューションの比較https://www.google.co.jp/trends/explore#q=Ubuntu%2CDebian%2CCentOS%2C%20Red%20Hat%2CRHEL aptコマンドに乗り換えるhttp://gihyo.jp/admin/serial/01/ubuntu-recipe/0327 kernel-doc を読むmanのかわりに pinfohttp://www.yosbits.com/opensonar/index.html 各サーバをNTPで同期するメールサーバを建てるかLDAP統合サーバhttp://www.lpi.or.jp…

libvert関連 / 技術メモ

libvirt関連 VirtualBox with libvirt https://libvirt.org/drvvbox.html https://wiki.archlinux.org/index.php/libvirt https://help.ubuntu.com/community/KVM/FAQ (clnflictingの章を参照) Xen with libvirthttps://help.ubuntu.com/community/Xen https://libvirt.org/drvxen.html https://wiki.archlinux.org/index.php/libvirt → XenもHardware Accelerationが要るのでは?意味ないかも。 Xen vs KVMhttps://major.io/2014/06/22/performance-benchmarks-kvm-vs-xen/ LXC Container with libvirthttps://libvirt.org/drvlxc.html http://enakai00.hatenablog.com/entry/20120104/1325653622 http://d.hatena.ne.jp/defiant/20140307/1394186137 https://wiki.debian.org/KVM Systemdhttps://ja.wikipedia.org/wiki/Systemd https://ja.wikipedia.org/wiki/UNIX%E5%93%B2%E5%AD%A6 c.f. https://wiki.debian.org/KVM 技術メモcygwinの読み込みを早くする方法をしらべる(ターミナルの起動が遅いので、なんとかならんか)ターミナルでマウスが使える条件を調べるkickstartのubuntu alternativeをしらべるターミナルでescを押すとvim modeを有効にする方法をしらべるalt+矢印が効かなくなるときの原因をしらべるvimtutorをみるvimdocをみるhttp://vim-jp.org/vimdoc-ja/change.html よみたいドキュメントリストを自分Wikiにまとめるとよいのでは?Vim, Zsh, Bash, Em…

Jupyterhub インストールメモ

vi .bash_profile ... add PATH=$PATH:$HOME/bin:$HOME/.local/bin adduser -s /sbin/nologin -M jupyterhub npm install -g configurable-http-proxy easy_install-3.4 pip pip3 install jupyter pip3 install "ipython[all]" pip3 install jupyterhub python2 -m pip install ipykernel python2 -m ipykernel install

整備したい Tips&Tricks

kernel2をインストールする手法Python2to3