投稿

6月, 2016の投稿を表示しています

英語

昔から英語は割と好きだった。それは、 いろんな情報を与えてくれる(技術情報とか) しかし、もっと大きいのは、思考を拡張してくれる。 もののとらえかた、あつかいかた、について、全く別の体系が与えられる。 思考をNative Languageから切り離すことで、ダブルチェックできるというメリットがある。 でも、そんなおおげさな話をしなくても、生きた言葉としても面白さがある。 以下に、私にとって、学習対象としても英語の好きなところをいくつか掲げたいと思う。 韻の感覚 日本語では、韻を踏むというのは、いかにも詩をよむぞみたいな、仰々しい感じがする。 あるいは、いわば「オヤジギャグ」みたいなものでしかやらない。 他方、英語圏では、韻を踏むというか、音に注意するのはもっとポピュラーという印象。 たとえば、英国政府の造語である「NEET」は、いい感じの"neat"と同じ。刺すようなジョーク。 他の例だと、『V for vendetta』という、16世紀の英国の反乱者ガイ・フォークスをとりあつかった映画がある。 (ガイフォークスというと、ハッカー集団のアノニマスのお面の人、1600年代にイングランドで国会爆破を企てた人。) この映画中では、"violently vicious and voracious violation of volition"という、すごく印象的なシーンがある。 7ワードだけ抜き出したが、原文は100以上のワードにわたってVで韻が踏んである。 流行り廃りがある 英語もまた日本語と同じ人の言葉なので、言葉の変遷、流行り廃りがある。 たとば、僕らはto doの否定形をnot to doと習った。 例: He decided not to drink beer. しかし、今はto not doという表現がメジャーになりつつある。 もっとも、これを許容すると、例えばシェイクスピアのハムレットのセリフ "To be or not to be, that is the question." が "to not be" となりダサいので個人的にはとてもイマイチ。 他にも、例えば定冠詞/不定冠詞だと